募集概要・入学手続手順

募集概要

自動車整備科(2級自動車整備士課程)

昼 間 部 2年制

募集人員 120名(男・女)

入学資格

  1. 高等学校を平成29年3月卒業見込み者、または高等学校卒業者。
  2. 文部科学省が行う大学入学資格検定、高等学校卒業程度認定試験合格者。
  3. 外国において、通常課程による12年の学校教育を修了した者。または高等学校に準ずる教育を受けた者で以下のいずれかにあてはまる者。
    • 日本語能力試験2級またはN2合格者
    • 日本留学試験での日本語得点が200点以上の者
    • 財団法人日本語教育振興協会認定の日本語教育機関において、6ヶ月以上の日本語教育を受けた者で、その間の出席率が90%以上の者
  4. 上記1・2・3のいずれかに該当する者で自動車整備技術の学習、及び普通自動車運転免許(AT限定車を除く)取得が可能な者。

選考方法

(1) 指定校推薦入試  (2) 自己アピール推薦入試  (3) 一般推薦入試  (4) 一般入試
以上4項目の入学試験制度により、実施いたします。

出願から入学までの流れ

2017年10月1日より願書受付開始

入学志願書提出
入学志願書・受験票・調査書・写真・返信用封筒・入学検定料をご用意ください。 指定校推薦書・自己アピールシート・一般推薦書は該当者のみご用意ください。
入学選考
受験者全員:書類選考・面接 入学選考該当者のみ:適性試験(数学/日本語(留学生のみ))・アピールシートに基づく面接
合格発表
試験日より7日以内に合否通知を送付します。 (合否の発表は速達郵送で行いますので、電話でのお問い合わせは一切応対いたしません。)
入学手続
合格者は期日までに所定の学納金を納入してください。
入学決定

入学試験要項

  指定校推薦入試 (専願) 自己アピール推薦入試 (専願) 一般推薦入試 (専願) 一般入試 (専願)
一般 兄弟・女子・社会人 留学生
概要 当校が定めた指定校からの推薦者を対象とする入試制度 応募者本人が自動車分野において旺盛な勉学意欲とチャレンジ精神を持って自己アピールする入試制度 推薦を受ける高等学校を特定せず熱意と努力にあふれる人材を募る入試制度 技術修得を求める優秀な人材を募る入試制度。4年制大学・短大等と併願受験することができる 日本で強く自動車の技術習得を希望する外国人留学生を募る入試制度
出願資格(推薦条件) 本校が指定した高等学校を卒業した者(卒業して5年以内の者)および当該年度卒業見込みで本校専願の者
3年間の数学評定平均値が、指定した評定平均値以上の者
3年間の欠席日数が20日以内の者
※推薦基準等、詳細については指定校に通知。進路指導責任者に確認してください。
高等学校を卒業した者(卒業して5年以内の者)および当該年度卒業見込みで本校専願の者
3年間の数学評定平均値が2.3以上の者
3年間の欠席日数が25日以内の者
高等学校卒業(または見込み)又は、同等以上の資格を有する者
3年間の全教科評定平均値が2.3以上の者
高等学校卒業(または見込み)又は、同等以上の資格を有する者
併願者は志願書の裏面に記入すること
外国において通常課程により12年の学校教育を修了した者
日本語能力試験2級・N2合格以上の者又は、日本留学試験での日本語得点が200点以上の者
財団法人日本語教育振興協会認定の日本語教育機関において、6ヶ月以上の日本語教育を受けた者で、その間の出席率が90%以上の者
尚、通信制・単位制・定時制に於いては人間性・適性において
学校長が推薦できると判断した者。
試験科目 面接試験のみ
(適性試験(数学)免除)
面接試験のみ
(適性試験(数学)免除)
(アピールシートに基づく)
適性試験(数学)
面接試験
適性試験(数学)
面接試験
適性試験(数学・日本語)
面接試験
選考方法 出身高等学校の指定校推薦書・調査書をもとに面接試験、書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。 出身高等学校の調査書・アピールシートをもとに面接試験、書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
※合格基準に達しない場合、一般推薦入学試験選考として合否判定する。
出身高等学校の一般推薦書・
調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
出身高等学校の調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。 出身高等学校の調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
特典 入学金 全額免除
(15万円免除)
入学金 減免
(15万円の内、10万円減免)
入学金 減免
(15万円の内、5万円減免)
下記を参照
  指定校推薦入試
(専願)
自己アピール推薦入試
(専願)
一般推薦入試
(専願)
概要 当校が定めた指定校からの推薦者を対象とする入試制度 応募者本人が自動車分野において旺盛な勉学意欲とチャレンジ精神を持って自己アピールする入試制度 推薦を受ける高等学校を特定せず熱意と努力にあふれる人材を募る入試制度
概要 本校が指定した高等学校を卒業した者(卒業して5年以内の者)および当該年度卒業見込みで本校専願の者
3年間の数学評定平均値が、指定した評定平均値以上の者
3年間の欠席日数が20日以内の者
※推薦基準等、詳細については指定校に通知。進路指導責任者に確認してください。
高等学校を卒業した者(卒業して5年以内の者)および当該年度卒業見込みで本校専願の者
3年間の数学評定平均値が2.3以上の者
3年間の欠席日数が25日以内の者
高等学校卒業(または見込み)又は、同等以上の資格を有する者
3年間の全教科評定平均値が2.3以上の者
尚、通信制・単位制・定時制に於いては人間性・適性において
学校長が推薦できると判断した者。
概要 面接試験のみ
(適性試験(数学)免除)
面接試験のみ
(適性試験(数学)免除) (アピールシートに基づく)
適性試験(数学)
面接試験
概要 出身高等学校の指定校推薦書・調査書をもとに面接試験、書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。 出身高等学校の調査書・アピールシートをもとに面接試験、書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
※合格基準に達しない場合、一般推薦入学試験選考として合否判定する。
出身高等学校の一般推薦書・
調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
概要 入学金 全額免除
(15万円免除)
入学金 減免
(15万円の内、10万円減免)
入学金 減免
(15万円の内、5万円減免)
  一般入試 (専願)
一般 兄弟・女子・社会人 留学生
概要 技術修得を求める優秀な人材を募る入試制度。
4年制大学・短大等と併願受験することができる
日本で強く自動車の技術習得を希望する外国人留学生を募る入試制度
概要 高等学校卒業(または見込み)又は、同等以上の資格を有する者
併願者は志願書の裏面に
記入すること
外国において通常課程により12年の学校教育を修了した者
日本語能力試験2級・N2合格以上の者又は、日本留学試験での日本語得点が200点以上の者
財団法人日本語教育振興協会認定の日本語教育機関において、6ヶ月以上の日本語教育を受けた者で、その間の出席率が90%以上の者
概要 適性試験(数学)
面接試験
適性試験(数学・日本語)
面接試験
概要 出身高等学校の調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。 出身高等学校の調査書をもとに適性試験・面接試験・書類審査を総合的に判断し、合否を決定する。
概要 下記を参照
特待生推薦入試(専願)一次試験のみ

概要

指定校推薦者の中で特に志が高く、他の学生の模範になり得る人材に経済的援助を行う制度

出願資格

指定校推薦入試で受験する者

試験科目

●数学 ●国語 ●面接試験

選考方法

筆記試験・面接・書類審査を総合的に判断し、合否を決定します。

特典

入学金・全額免除(15万円免除)、1年次前期授業料全額免除(26万円免除)

採用人数

若干名

推薦基準に満たない場合は指定校推薦入試での合格者として入学を許可しますので再受験の必要はありません。
一般入試の詳細

一般入学

特典なし

兄弟入学

本校に兄弟が在籍・卒業している場合は入学金を免除いたします。 入学志願書兄弟欄に記入してください。

女子入学

女子入学希望者は入学金を免除いたします。

社会人入学

社会人入学希望者は入学試験の成績により入学金を免除・減免いたします。

留学生入学

留学生入学希望者は入学試験の成績により 入学金を免除・減免いたします。

試験選考日

  指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試 願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
専願
1

特待生推薦入試
平成29年10月2日(月)~
平成29年10月13日(金)
平成29年
10月15日(日)
平成29年
10月25日(水)
2
平成29年10月16日(月)~
平成29年10月27日(金)
平成29年
10月29日(日)
平成29年
11月8日(水)
3
平成29年10月30日(月)~
平成29年11月10日(金)
平成29年
11月12日(日)
平成29年
11月22日(水)
4
平成29年11月13日(月)~
平成29年11月24日(金)
平成29年
11月26日(日)
平成29年
12月6日(水)
5
平成29年11月27日(月)~
平成29年12月8日(金)
平成29年
12月10日(日)
平成29年
12月20日(水)
6
  平成29年12月11日(月)~
平成30年1月19日(金)
平成30年
1月21日(日)
平成30年
1月31日(水)
7
  平成30年1月22日(月)~
平成30年2月9日(金)
平成30年
2月11日(日)
平成30年
2月21日(水)
8
  平成30年2月13日(火)~
平成30年3月2日(金)
平成30年
3月4日(日)
平成30年
3月14日(水)
9
  平成30年3月5日(月)~
平成30年3月16日(金)
平成30年
3月18日(日)
平成30年
3月23日(金)
1次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願

特待生
推薦入試
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年10月2日(月)~
平成29年10月13日(金)
平成29年
10月15日(日)
平成29年
10月25日(水)
2次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年10月16日(月)~
平成29年10月27日(金)
平成29年
10月29日(日)
平成29年
11月8日(水)
3次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年10月30日(月)~
平成29年11月10日(金)
平成29年
11月12日(日)
平成29年
11月22日(水)
4次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年11月13日(月)~
平成29年11月24日(金)
平成29年
11月26日(日)
平成29年
12月6日(水)
5次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年11月27日(月)~
平成29年12月8日(金)
平成29年
12月10日(日)
平成29年
12月20日(水)
6次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
 
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成29年12月11日(月)~
平成30年1月19日(金)
平成30年
1月21日(日)
平成30年
1月31日(水)
7次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
 
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成30年1月22日(月)~
平成30年2月9日(金)
平成30年
2月11日(日)
平成30年
2月21日(水)
8次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
 
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成30年2月13日(火)~
平成30年3月2日(金)
平成30年
3月4日(日)
平成30年
3月14日(水)
9次
指定校
推薦入試
自己アピール
推薦入試
一般
推薦入試
一般入試
専願
 
願書受付期間 入試選考日 入学手続き
締め切り
平成30年3月5日(月)~
平成30年3月16日(金)
平成30年
3月18日(日)
平成30年
3月23日(金)

試験開始時間:受験票にて各自案内いたします。

試験時の持物

受験票 筆記用具

合格発表

試験日より7日以内に郵送にて通知いたします。

出願手続

受験を希望する者は、下記の書類を揃え出願してください。

基本書類

1 入学志願書 本校指定の願書用紙を使用してください。
2 受験票
3 調査書 出身高等学校発行の調査書(厳封、開封無効)

※大学・短大・専門学校の在学者または卒業者も出身高校の調査書を提出してください。
※大学入学資格検定、高等学校卒業程度認定試験合格者は合格証明書および合格成績証明書を提出してください。

4 写真2枚 3ヶ月以内に撮影の上半身・正面向きのもの。(サイズ4cm×3cm)
1枚を入学志願書、もう1枚を受験票に貼付してください。
5 返信用封筒 受験票返信用封筒に宛名を明記し、切手392円を貼付したもの。(直接願書を持参する場合は不要)
6 入学検定料 20,000円

※年内受験者応援制度により変動郵送の場合は郵便局で郵便為替を購入してください。 (受取人欄は記入しないでください。)

その他の書類(該当者のみ必要な書類)

7 指定校推薦入試 本校指定の推薦書にて進路指導責任者もしくは担当教諭が記入し学校長が捺印したもの。
指定校推薦書
8 自己アピール
推薦入試
本校指定の用紙記入後、出願時に提出してください。
アピールシート
9 一般推薦入試 本校指定の推薦書にて進路指導責任者もしくは担当教諭が記入し学校長が捺印したもの。
一般推薦書

※本校指定の封筒を使用し、1~6を同封してください。(7、8、9は該当者のみ)

願書作成上の注意事項

  • ① 願書・その他の書類は黒インクまたは黒ボールペンを用いて楷書で記入してください。(自筆のこと)
  • ② 住所は、○○方、○○号室まで詳しく記入してください。
  • ③ 書類不足、内容不備のものは受付できません。
  • ④ 再度受験する場合は、調査書の提出は不要です。

提出方法

① 直接持参の場合
  受付場所 大阪自動車整備専門学校 入試事務局
  受付時間 平日 9:00~17:00
② 郵送の場合
  本校指定の入学志願書提出用封筒を必ず使用し『簡易書留郵便』により送付してください。
  (受付期間最終日迄に必着のこと)

学費・入学手続

学費

1 年 次
納期 前期 後期 1年次年額
区分 入学手続時 9月末
学 費 入学金 150,000
※1
150,000
※1
授業料 260,000 260,000 520,000
実習費 150,000 150,000 300,000
施設費 200,000 200,000
諸経費 学習費 95,000 95,000
行事費 75,000 75,000
930,000※2 410,000 1,340,000
  1年次前期 1年次後期 1年次年額
資格取得
費等
預り金※3
25,000※2 25,000 50,000
2 年 次
納期 前期 後期 2年次年額
区分 4月中 9月末
学 費 入学金
授業料 260,000 260,000 520,000
実習費 150,000 150,000 300,000
施設費 200,000 200,000
諸経費 学習費 25,000   25,000
行事費 30,000 30,000
665,000 410,000 1,075,000
  2年次前期 2年次後期 2年次年額
資格取得
費等
預り金※3
25,000※2 25,000 50,000

※1 受験方法により入学金が異なります。
※2 入学手続き時に納入して頂く金額です。
※3 資格取得費等預り金とは在学中に必要な資格取得費、補講料に充てるため、学校が予めお預りするものです。
  過不足が発生した場合は卒業認定時に一括して精算します。

入学手続

① 合格者には合格通知書及び入学金・授業料等の諸学費の納入用紙を送付しますので所定の期日までに手続を完了してください。

② 理由なく納入期限を過ぎた場合には合格は無効となります。

注意

手続後やむを得ない事情で入学を辞退する場合は、書面による入学辞退の申請手続をしてください。申請があれば入学金を除く既納学費を返還します。
個人情報については、入試に関する業務にのみ使用し、第三者への提供はいたしません。

奨学金制度

日本学生支援機構奨学金

本制度は、「独立行政法人 日本学生支援機構法」(法律第94号)に基づいて設立された 日本学生支援機構が運営する、国の学生支援機構奨学金制度です。

目 的 本校に在学し、勉学態度良好で、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与される制度です。
種 類 1.第一種奨学金(無利子貸与)
2.第二種奨学金(有利子貸与)
資 格 1.本校に在学する者。
2.修学するにあたって、学資金の援助を必要とする者。
3.学生にふさわしい態度や行動をとり、将来、良識のある社会人となり得る者。
概 要

奨学金は貸与月額によって最長で15年以内の所定年数内に返済が必要です。

応募方法:(手続きは本校入学後となります)

1.合格通知時に奨学金希望書類を送りますので、希望学生には4月~5月に所定用紙の配付を行います。
2.提出された所定用紙とともに、出願者の資格を検討し、日本学生支援機構に奨学生適格者として推薦します。
3.日本学生支援機構は選考委員会を開催し、全出願者のうち適格度の高い者から採用を決定します。

※申請された方すべてが採用されるとは限りません。ご了承ください。

●貸与月額

【第一種奨学金】自宅生は53,000円、自宅外生は60,000円の支給となります。
【第二種奨学金】3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望月額を選択できます。

※第二種奨学金を在学採用の場合は、希望により申し込み年度の4月にさかのぼって借りることができます。

返還方法及び期間 貸与終了後6ヶ月を経て、返還開始(最長15年間)月賦、半年賦、年賦返還

●奨学金予約制度

日本学生支援機構では、大学、短期大学、専門学校(専修学校専門課程)に進学した場合に奨学金を希望する皆さんに、高等学校在学中にあらかじめ奨学金を予約する予約奨学生を募集しています。各高等学校や都道府県に問い合わせ、奨学金の申し込み条件や返還方法を理解してから、申し込んでください。高等学校3年時1学期には締め切りになりますので早目にお問い合わせてください。

教育ローン

学校提携教育ローン

株式会社オリエントコーポレーション ※詳しくはお問い合わせください。TEL. 0120-517-325

国の教育ローン(国が取扱う教育資金融資制度)

日本政策金融公庫 ※日本政策金融公庫の他、銀行、信用金庫、労働金庫、郵便局などでも申請用紙が入手可能です。URL. http://www.jfc.go.jp/

企業奨学金制度

企業独自の奨学金制度で、入学後本校より推薦された者を対象とした奨学金貸与制度です。